Beauty Bank

BBコラム

ヒゲ脱毛ってぶっちゃけどう? 10コのギモン

ヒゲ脱毛をすることによって朝のヒゲ処理タイムをショートカットできますよ。ヒゲ脱毛をすると、ヒゲ処理にかける時間が省かれ、いつもヒゲ剃りに使っていた時間を他のことに使うことができるようになるのです。

 

ヒゲを剃っていた時間を寝る時間にあててもいいですし、朝食をゆっくり楽しむことだってできます。今回は、ヒゲ脱毛について気になっている方にむけて、ヒゲ脱毛に関する「10コのギモン」についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

青ヒゲが気になるんだけどヒゲ脱毛でキレイになる?

青ヒゲは脱毛することによってキレイになります。どうしてもヒゲを剃る前と剃った後では、断面が剃った後のほうが大きくなってしまうので、濃く見えてしまうこともあり不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、青ヒゲはシェーバーやカミソリで剃り切れなかった部分のヒゲが、皮膚の中の毛が皮膚から透けている状態です。そのためヒゲ脱毛で毛を少なくしていくと、自然と青ヒゲもなくなってきます。ぜひ青ヒゲでお困りの方は、脱毛で悩みを解決しちゃいましょう。

敏感肌、アトピー肌でもできる?

敏感肌やアトピー肌の方でも脱毛することはできます。しかし、症状が強く出ているときやステロイド剤を使っているときには脱毛をできない場合もあります。なぜなら、ステロイドと脱毛の光は合わさると感染症や色素沈着などの肌トラブルが起こってしまうおそれがあるからです。

 

またステロイド剤を使用しているときに脱毛すると、脱毛しているのに、逆に毛を増やしてしまう、、、。というおそれもあるのです。

 

そういったことを避けるためにも、無料カウンセリングをおこなっているサロンが多くあります。ですから、脱毛サロンやクリニックに一度相談してみてO.Kがもらえたら、脱毛するようにしましょう。

 

やっぱり痛い?どのくらいの痛みがあるの?

輪ゴムを顔に弾いたときの感覚に近いです。とはいえ、個人差があります。肌の色や肌質、毛量によって感じ方は人それぞれなのです。

 

ヒゲは毛自体が太いだけでなく、メラニン色素が多いので、メラニン色素に反応する機械を使って脱毛をおこなうと反応がよいため、痛みを感じやすくなるのです。

 

また、顔の近くには神経がたくさんあるうえに、皮膚が薄いため、痛みは他の部位よりも感じてしまうかもしれません。ですが、脱毛のする前に準備しておくと痛みは少し和らげることもできます。

脱毛前には次のような準備をしておきましょう。

 

施術前12時間はアルコールを飲まない。

血行がよい状態の肌は乾燥しやすくなっています。乾燥している肌は敏感になってしまうので、施術前12時間アルコールは控えましょう。またアルコールを摂取すると利尿作用があるため、余計に身体を乾燥させてしまうということもあります。

 

これは施術前だけの話だけではではありません。施術後もアルコールを控えると肌荒れがおきにくいので、施術後も12時間くらい控えるとなおいいでしょう。

 

普段から保湿しておく。

施術前だけでなく、普段から保湿しておくことが大切です。乾燥している肌は敏感になっているので、痛みを感じやすいからです。

 

保湿しておくことで乾燥を防ぐだけでなく、肌荒れも防ぐことができるのでぜひ保湿はしておいて損がないでしょう。

 

日焼けをしないようにしておく。

肌が焼けた状態の肌は、乾燥しているということだけでなく非常に敏感になっています。日焼けは肌が日光でやけどしたような状態だからです。日焼けをした肌であると、サロン側からも断られてしまうことがあるくらいなので、日焼けをなるべくしないようにしておきましょう。

 

施術前には激しい運動や、サウナや入浴をさける。

施術前には、身体の血行をよくすることを避けておきましょう。血行が良くなると、身体は熱を外に出そうとするので、乾燥させてしまうことがあるからです。それにより痛みを感じやすくなるので避けておくことが大切です。

 

上記では、痛みを少しでも和らげる方法をお伝えしましたが、麻酔を使って脱毛ができるサロンもあります。なので、「痛みに耐えられそうもない。」と思った方は相談してみるのもいいでしょう。

 

サロンの方はすべて女性ですか?

サロンによって様々です。女性のほうが多いかもしれませんが、男性スタッフがいるところもあります。サロンやクリニックのサイトを見てみたり、サロンに聞いてみたりするといいでしょう。

 

女性にサロンで会うのは恥ずかしいのだけど、、、。

脱毛していることが女性にバレたくないという方もいらっしゃるでしょう。そういった方のためにも男性専用の脱毛サロンがあります。また、時間帯で女性と男性と分けているところもあるので、いろんなサロンを調べてみるといいでしょう。

 

ツルツルは困る!毛の量を調節したいだけですがいいでしょうか?

ヒゲの毛の量を減らすだけでも脱毛サロンでできます。多くのサロンやクリニックでは、1回からできることがほとんどです。また、コースによって回数が決められていますので、回数の少ないコースを選んでみるといいでしょう。

 

サロンにどのくらいの量にしたいかという希望を伝えておくとおすすめのコースを教えてくれるでしょう。

 

カミソリ負けを改善できる?

カミソリ負けを改善するために、脱毛することはとてもいい方法です。カミソリ負けは、肌にカミソリの刃が当たることで、肌に負担がかかったり、雑菌が入ったりすることで肌が荒れてしまうことです。

 

ですから、毛が少なくなれば、ヒゲを剃る回数も少なくなりますし、毛が無くなれば剃ることが無くなり、カミソリ負けを改善することができるのです。そのうえ、ヒゲ脱毛によって肌が明るくみえることもあります。全体の顔の雰囲気も清潔感が溢れるようになり好感度アップも期待できるでしょう。

毎朝のヒゲ処理から解放できる?

脱毛回数を重ねれば、ヒゲを処理することが少なくなっていきます。

 

毎朝のヒゲ処理時間を脱毛するとほかのことに使えるので、早く始めれば始めるほど「得」ということになります。

 

人生の中で、ヒゲ剃りに使う時間を1日10分だとしたら、20年で50日間くらいの時間が浮くことになります。少しの時間を脱毛に使うことで、未来に使える時間が増えるでしょう。

 

どのくらいの金額でできるか把握したいのだけど、、、。

脱毛サロンやクリニックなどによっても費用に違いがあります。ヒゲ処理を少し楽にしたい場合だと7万円~10万円くらいです。また処理が無くなるくらいにしたい場合、15万円~25万円くらいのことが多いようです。

 

ただし体質や肌質、ヒゲの濃さにもよるので、一度カウンセリングを受けてみてどのくらいの回数が必要で、どのくらいの金額になるのかスタッフに聞いてから、検討するのもいいでしょう。

 

毛抜きでヒゲを抜いていたらサロンやクリニックで脱毛できる?できない?

毛抜きでヒゲを抜いてしまうと脱毛効果が出ません。多くのサロンやクリニックでは毛のメラニン組織に光を当てて反応をさせて脱毛をおこなっています。

 

ですから、毛を抜いてしまうとそのメラニン組織も無くなってしまうことになるので、光が反応しなくなってしまいます。もし、ヒゲを抜いてしまった場合、次に生えてくるまで待ってからにしましょう。

 

まとめ

今回は、「ヒゲ脱毛で気になる10コのギモン」についてご紹介してきました。ヒゲ脱毛することによって、ヒゲ処理にかかる時間を減らすことができます。少しの時間をムダ毛処理の時間に充てるだけで、その時間を自分の好きなことに使うことができるでしょう。

 

自宅ですき間時間にできるムダ毛ケア美容器はコチラ

動画でムダ毛ケア美容器を見てみる

 

ヒゲ脱毛をおこなうと、肌はキレイな状態を保ちやすくなります。そのうえ、顔全体の雰囲気まで明るくします。明るい肌は好印象を持ってもらいやすいので、多くの方からモテるかもしれませんね。今はジェンダーレスな時代です。男性だってムダ毛ケアをしてキレイな肌を手に入れていきましょう。

 

 

 

※この記事では、ご家庭用のセルフケアとして販売されている光美容機器を、一般的に認知度の高い製品名称である「家庭用脱毛器」「脱毛器」と記載しています。

またこの記事では医療機器として脱毛効果が認められた製品はご紹介していません。ご家庭用光美容器(脱毛器)は永久脱毛できるものではないことをご了承ください。

 

※使用感や効果の感じ方には個人差があります。この記事は効果・効能を保証する内容ではございません。

 

 

コラム一覧へ