Beauty Bank

BBコラム

VIO脱毛をサロンでするときってどんな流れでおこなうの?

VIO脱毛を脱毛サロンでおこなうときは事前に準備してからサロンに行くと施術がスムーズです。事前に準備をしてから脱毛サロンに行くことで安全に、そしてより効果的に脱毛ができるからです。

 

またVIO部分の脱毛はデリケートな場所ですので、誰でも最初は緊張や不安感があるものです。ですから、脱毛サロンでVIO部分を脱毛するときにはどんな流れなのかを知っておくと、緊張や不安も少し和らぐでしょう。

 

今回は脱毛サロンに行く前にどんな準備しておくとよいのか、脱毛サロンでVIO脱毛をおこなう場合の流れはどういうものなのかをご紹介していきます。

 

VIO脱毛をする前に知っておきたい5つのこと

VIO脱毛をする場合スムーズに脱毛できるように、事前に知っておくとよい5つのこととは次の通りです。

 

1.日焼けを避ける。

日焼けをしないように2週間前くらいから気を付けておきましょう。日焼けしてしまうと、脱毛をするときに痛みを強く感じやすかったり、炎症しやすくなってしまったりするので肌トラブルが起きやすくなるのです。

 

というのも日焼けしている肌は、日光により肌が火傷をしている状態なので、とてもデリケートな肌になっています。ですから、日焼けをしていると肌トラブルのリスクが日焼けしていないときよりも高くなるのです。

 

もしたくさん日焼けしてしまっている場合、サロン側からNGを出されてしまうこともあります。ですからリスクを避けるためにも日焼けをしないことは大切なのです。

 

2.清潔を保っておくこと。

VIO脱毛をする前には清潔にしておきましょう。汗をかいている状態で脱毛をすると肌トラブルを起こしやすくなるためです。シャワーを浴びたり、ウォシュレットを使ってみたりしておきましょう。

 

多くの場合は、サロンに行くと施術前にウォシュレットを使うように促される場合が多いです。施術される側、施術する側のお互いが気を使わずできるので清潔にしておくとよいでしょう。また、VIO脱毛をする直前でなくても身体の大切な部分なので清潔に保っておくことが大切です。

 

 

3.保湿をしておく。

VIO脱毛をする前には保湿しておくことが大切です。乾燥している状態でVIO脱毛をしてしまうと肌に赤みが出てしまったり、かゆみが出てしまったりするおそれがあります。

 

だからといって、脱毛直前に保湿してしまうと保湿成分が毛穴に入り込んでしまうため、脱毛の効果が出にくい場合があります。ですから、保湿は脱毛する当日にやるのではなく、前日までにしておくことが大切です。

 

4.ムダ毛を剃っておく。

VIO脱毛する前日や2日前に自分でムダ毛を毛の流れに沿って剃っておきましょう。毛抜きや脱毛クリームではなく、シェーバーでムダ毛は剃っておきます。毛抜きや脱毛クリームで処理しないのは、毛の根本が無くなってしまって脱毛ができなくなってしまうからです。

 

シェーバーは手動のものでもよいですが、電動シェーバーのほうがと肌への負担が少ないためおススメです。VIO部分のムダ毛を剃るときは、膝を立てて、足を開脚して自分の前に鏡を置いて剃ります。

 

このとき、すべての毛を無くすことを希望していない脱毛の場合でも(ハイジニーナにしない場合でも)、最初の何回かはすべてVIO部分を剃っておくのがおすすめです。そうすることにより、何回か脱毛すると、毛が柔らかくなり扱いやすくなり扱いやすくなります。

 

5.体温を上げた状態でいかない。

体温が上がっている状態で脱毛をすると赤みやかゆみが起きやすくなります。また、痛みの原因にもなります。ジムに行った後やジョギング後に行くことや飲酒した後に行くことも避けましょう。

 

VIO脱毛をサロンでするときの流れ

VIO脱毛をするときの流れを知っておくと不安や緊張感も少し和らぎます。多くのサロンでは以下のような流れになることが多いです。

 

  1. 来店
  2. 個室へ移動する。
  3. 施術内容の確認、当日のカウンセリングをおこなう。
  4. 用意された紙ショーツや施術時の服に着替える。
  5. ベットへ横になりタオルをかけてもらう
  6. 施術時に眩しくならないように、目元にゴーグルやタオルをかけてもらう。
  7. 紙ショーツをずらしながら、脱毛機の光を脱毛する場所へ当てていく。
  8. 施術後は冷やし、保湿する。
  9. 着替えをして終了。

 

どんな態勢で脱毛するの??

VIO脱毛をする場合「V」「I」「O」それぞれの部分で違った態勢を取りながら施術していくことが多いです。では、それぞれどのような態勢でおこなうのかご紹介していきます。

 

Vゾーンの脱毛

Vゾーンは左右の腰骨下あたりから脚の付け根にかけての部分です。ビキニラインと呼ばれるものがこの部分になります。

 

  1. 仰向けに寝て、足を肩幅くらいに開きます。
  2. 紙ショーツを少しずつずらして照射していきます。

 

Iラインの脱毛

Iラインは性器のまわりから肛門までの部分のことです。

 

  1. 仰向けに寝て片膝立てます。
  2. 立てた足を外に開きます。

(反対側も同様におこないます。)

 

 

Oラインの脱毛

Oラインは肛門周りのことです。

  1. ベットへうつ伏せの状態になります。
  2. 紙ショーツを脱いで、足を少し開きます。

 

基本的にタオルは上半身にかけてもらえることが多いです。また、サロンによっても少し脱毛するときの態勢には違いがあります。もしどのような状態で脱毛するのか気になる場合は、恥ずかしがらずに事前のカウンセリングで聞いておくとよいでしょう。

 

脱毛をした後にするとよいこと

脱毛した後にケアしておくとキレイに脱毛を進めることができます。ケアしておくとよいことは次のとおりです。

 

  1. 保湿しておきましょう。

脱毛後の肌はレーザーの光を当たった直後で、とても乾燥しています。ですから、いつも以上に念入りに保湿しましょう。また、敏感になっていますので、低刺激の保湿剤を使ってケアすることをおすすめします。

 

 

保湿は脱毛直後だけでなく、毎日のケアとしてするようにしましょう。保湿しておくことで、肌が潤うため肌のターンオーバーが整います。そうすることによって、埋まっているムダ毛(埋沈毛)が外に出てきやすくなるので効果的に脱毛をおこなうことができます。

 

おススメのデリケートゾーン専用のクリームはコチラ

 

  1. かゆみ、赤みがあれば冷やす

かゆみが出てしまった場合や赤く腫れている場合などは炎症を抑えるために冷やしましょう。冷やすときには直接氷を肌に当てずに、水で濡らしたタオルを肌に当てるようにしましょう。もし、それでも治まらないようであればサロンか専門医に相談しましょう。

 

まとめ

VIO脱毛を脱毛サロンでおこなうときの流れについてご紹介しました。VIO部分は、デリケートな場所であるため、誰しも最初は緊張するものです。ですが、心配や不安も必要ありません。

 

脱毛サロンのスタッフは毎日、脱毛による相談を受けている立場であり、多くの人を施術しているので手際よく脱毛してくれます。気が付けば来店から脱毛をし終わるまであっという間に過ぎてしまったということがほとんどです。

 

ですが、VIO脱毛は何度かサロンに通う必要があるので、脱毛前には念入りに準備をして効果的に脱毛できるようにしておきましょう。そうすることで、時間を有効的に使えますよね。

 

 

※この記事は効果・効能を保証する内容ではございません。

 

コラム一覧へ