Beauty Bank

BBコラム

保湿をしすぎると敏感肌になる??

保湿のしすぎで敏感肌になることがあります。保湿をするのは肌にとても良いことですが、保湿しすぎてしまうと肌本来持っている力を弱めてしまううのです。

 

せっかく保湿をしてもきちんと肌をキレイに導くものにならなければ、時間もお金ももったいないということになってしまいます。そうならないためにも、正しいスキンケア方法を知っておくことが大切です。今回は肌の仕組みと正しい保湿方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

私たちの肌の仕組み

私たちの肌はもともとバリア機能が備わっており、皮膚の一番外側にある皮脂膜と角質層がバリア機能を果たしている場所です。バリア機能とは水分が体内から蒸発しないようにしたり、私たちの肌を刺激や乾燥、摩擦、雑菌などから守ったりしてくれているものです。

 

ですが、このバリア機能が正常に働いていないと、肌荒れを起こすことになってしまいます。それぞれの役割はこのような感じです。

 

 

皮脂膜

 

皮脂膜は、皮脂腺から出る皮脂と汗腺から出る水分でできています。角質層の上に皮脂膜はあり、角質層の潤いを逃さないように蓋をしている役目です。

 

角質層

角質層は、肌がもともと持っている保湿成分「天然保湿因子(NMF)」、細胞間脂質によってできています。それぞれの役割はこんな感じです。

 

・天然保湿因子

天然保湿因子(NMF)は、アミノ酸や乳酸、尿素などのことをまとめていうもので、水と合わさると、水分を包み込んで、水分を蒸発させにくくし、潤いを保つことができます。

 

・細胞間脂質

細胞間脂質は、細胞同士のすき間を埋める役割で油性の潤いを保つ成分です。

 

保湿しすぎるとなぜ肌トラブルが生じるの?

保湿しすぎると肌のバリア機能が低下してしまいます。というのも元々、肌を守っている角質層は周りの環境に合わせて調整するのが上手なものです。

 

例えば乾燥しているところにいると、角質層は勝手に分厚くなり、肌の中が乾燥しているのを防ぎます。反対に湿度が高いところにいると、角質層は薄くて大丈夫だと判断し、薄くなるのです。

 

ですから保湿しすぎると、肌が乾燥する状態ではないとジャッジして肌のバリア機能が働いてしまい、バリア機能が低下してしまうのです。すると本来のバリア機能が正しく働かなくなってしまうのです。そうならないためにも、肌本来が持っているバリア機能を勘違いさせてしまわないように適度な保湿をすることが大事なのです。

 

肌のバリア機能が低下してしまうと痒くなる。

保湿をしすぎた結果、肌バリアが低下し、毛穴が大きく開いてしまいます。すると汗や皮脂が大きく開いた毛穴に溜まり、そこから細菌が増殖しかゆみが出ることがあります。

 

かゆみが出ることによって乾燥したと勘違いしてまた保湿をするとどんどん肌バリアは低下し、少しの刺激で痒みを感じてしまい敏感に肌がなってしまうのです。

 

程よい保湿の方法とは??

程よい保湿をすることで敏感肌になるのを防ぎ、美しい肌を作ることができます。それには乾燥肌の人、オイリー肌の人、混合肌の人など、それぞれにあった保湿方法でケアすることが大切です。自分がどの肌に当てはまるのか簡単にできる診断があるので以下の方法で試してみてください。

 

簡単にできる肌診断

簡単にできる肌診断で自分がどの肌に当てはまるのか調べてみましょう。環境や生活習慣で肌質は変わることがあります。一度、肌質を調べたらその肌質であると思いこまず、定期的にセルフチェックをするとよいでしょう。

 

【診断1】

朝起きて洗顔をする前に自分の肌をみてみましょう。

・カサつきはなく、肌全体がベタついている ⇒ 脂性肌

・肌にベタつきがあるが、ところどころ乾燥しているところもある ⇒ 混合肌

・肌全体がカサついている ⇒ 乾燥肌

 

【診断2】

洗顔した後10分程、何も肌につけずに放置して肌の状態を感じてみましょう。

※冬は5分程放置でO.K

・肌全体がベタついている、肌がつっぱっている感じはしない ⇒ 脂性肌

・強い肌のつっぱりを感じる、カサついている ⇒ 乾燥肌

・口の周りや頬がつっぱる、Tゾーンはベタつきはじめている ⇒ 混合肌

 

 

それぞれの肌に合わせて正しく保湿をすることが大切です。肌質に合わせて正しい保湿方法をご紹介します。

 

乾燥肌の方

乾燥肌の方は、きっと保湿を日頃から心がけているかと思います。ですが保湿し過ぎは禁物です。乾燥肌の方は水分が逃げやすいので、水分をたくさん肌に入れるように数回に分けて化粧水をたっぷりとつけます。

 

そして、肌に浸透させた水分が逃げてしまわないように保湿クリームをつけておきましょう。

 

オイリー肌の方

オイリー肌の方は、もともと皮脂が多く水分も多くある肌です。ですから、オイリー肌の方はベタつきが気になって保湿を少な目にしてしまうことが多いです。

 

そのうえ皮脂を落としたいあまり、汚れを落とす力が強い洗顔料を使いすぎたり、洗顔を一日に何度もおこなってしまったりすることがあります。そうなると必要な皮脂までも落としてしまうことになり肌バリア機能を狂わせてしまうことになってしまうのです。

 

そのため、必要以上に洗顔してしまわないようにしましょう。そして化粧水をつけた後はさ っぱりとした乳液やジェルで保湿をおこなうことが大切です。

 

混合肌の方

日本人の多くがこの混合肌です。季節によって肌が乾燥したりべたつきやすかったりするのも混合肌の人の特徴です。混合肌の方はおでこや鼻の部分のTゾーンがべたつきやすく、頬やアゴまわりのUゾーンは乾燥するというタイプの方が多いですが、場所によって肌質が違う人はすべて混合肌に入ります。

 

ですがどちらかのほうだけをみて、自分の肌を乾燥肌だと思っている人やオイリー肌だと思っている人が多く、きちんと自分の肌のことを把握できていない人も多いのです。

 

ですから、自分の肌の状態をよくみて、オイリー肌になっている部分には軽いテクチャーのものを、乾燥している部分にはクリームをつけるというように場所によって使い分けることが大切です。

 

まとめ

今回は保湿をしすぎると敏感肌になるというお話をさせていただきました。保湿をすることはいいことですが、肌の状態によっては肌バリア機能が低下してしまうことがあるので痒みを感じてしまうおそれがあります。

 

ですから敏感肌になってしまうのを防ぐためにも自分の肌の状態をしっかりとみて正しい保湿ケアをすることが大切です。

コラム一覧へ