Beauty Bank

BBコラム

2022年度上半期 T字カミソリランキング!:男性編

T字カミソリを使うとき、男性は毎朝ヒゲの手入れをすることも多いので、自分に合ったカミソリ選ぶことはとても大切です。なぜなら、自分に合わないカミソリを選ぶと肌荒れを引き起こしてしまうことがあるからです。

 

しかしながら、カミソリは多くのメーカーから数多く販売されており、どのT字カミソリが自分によいのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回のコラムでは、人気のT字カミソリをランキング形式で発表するとともに、カミソリを選ぶときのポイントについてもご紹介していきます。ぜひ自分にあったT字カミソリを見つけるときに参考にしてみてください。

 

T字カミソリを選ぶときのポイントを知っておこう。

T字カミソリを選ぶときには、刃の枚数や性能、種類を把握しましょう。T字カミソリにどんな特徴があるのか知ることによって自分に合うT字カミソリに早く出会える可能性がUPするからです。選ぶときには、ランニングコストも一緒に調べておくと、安心してカミソリを選ぶことができます。まずはカミソリを選ぶときのポイントを一つずつご紹介していきます。

 

 

刃の枚数

男性のカミソリは5枚刃が主流です。ですが、ヒゲがもともと薄い方や毛が柔らかい方は、5枚刃を使うと肌を傷つけてしまうおそれがあるため、2枚刃や3枚刃のものをおススメします。また細かな場所を剃る場合は5枚刃よりも2~3枚刃のもののほうが剃りやすいです。

 

ですから、多くのカミソリが5枚刃で販売されていますが、肌荒れしやすい方は、2枚刃や3枚刃で剃ってみると肌荒れしにくくなるかもしれません。普段なんとなく5枚刃のカミソリを使っている方は、自分の毛の状態に合わせてぜひ試してみるとよいでしょう。

 

性能やデザイン

カミソリには、ものによって性能に違いがあります。例えば、ヘッド部分が動くか、スムース機能がついているかなどがあります。

 

ヘッド部分が自由に動くタイプは、顔にフィットしやすくアゴ部分や耳の近くなどカミソリが当てにくい部分も、当てやすくなるため剃り残しが少なくて済みます。

 

そのほか、横滑りしにくいタイプもあります。これは、手元が狂わないので安全に使うことができます。ですから、横滑りしにくいタイプは小さなお子さんがいるご家庭ではおススメです。というのも万が一、ヒゲを剃っているときに、お子さんがぶつかってきてもケガしにくいという利点があります。

 

またスムース機能というのは、刃の上下部分に保湿剤がついている機能のことです。この機能がついていると、カミソリの刃が肌に当たったとき、スムーズに肌の上を刃が滑るようになっています。

 

通常カミソリを使うと、肌の表面に刃が当たるため、肌を傷つけてしまうことになります。ですから、スムース機能によってできるだけ刃と肌との間に摩擦を少なくし肌を傷つけにくいようにしてあるのです。肌への負担のことを考えると、ぜひスムース機能付きを選ぶほうがよいでしょう。

 

ですが、スムース機能だけでは肌への負担はまだまだ大きいので、カミソリを使うときにはシェービングフォームを使うようにしましょう。このとき、シェービングフォームの代わりに洗顔フォームを使うことを考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それはあまりよくありません。

 

洗顔料はあくまで肌についた汚れを洗い流すためのものです。それに比べ、シェービングフォームは髭を柔らかくすることや刃を滑りやすくさせるよう潤滑性アップのためのものです。

 

よってシェービングフォームと洗顔フォームとでは少し目的が違うものなのです。そのためヒゲを剃るときは、洗顔フォームではなく、シェービングフォームを使用することをおススメします。

 

また、カミソリはいろんなデザインがあります。毎日使う方が多いと思いますので、ご自身の気分が上がるものにすると、気分良く朝のスタートがきれるでしょう。最終的に迷ったら自分の好きなデザインで選んでみるのもおススメです。

 

 

T字カミソリの種類

T字カミソリには「電動タイプ」と「手動タイプ」があります。手動タイプと比べて電動の振動が加わるため、肌への摩擦が少なく、滑らかに剃れます。

 

ですが、しっかりと肌に当てて剃りたいという方にとっては物足りなく感じることもあります。そのため、電動か手動かはご自身の好みに合わせて選んでみるとよいでしょう。

 

またカミソリには、本体ごと使い捨てするタイプや替刃があるタイプがあります。使い捨てタイプの場合は簡易的に作られていることが多く、持ち手部分のフィット具合に少し物足りなさを感じてしまうことがあるかもしれません。

 

とはいえ自宅以外で使う場合は、使い捨てのほうが気軽でいいという利点もあります。ですから、ご自身の生活スタイルに合わせて、替刃があるタイプと使い捨てタイプを併用して使うというのもおススメです。

 

価格

カミソリの価格は幅広く、お値打ちであるものだと6本セット300円くらいで買えるものもあります。つまり1本50円くらいのものから購入できるのです。反対に替刃が何セットかついているもので、2,500円くらいするものもあります。

 

手動と電動ではやはり、価格は電動のほうが高いですが、価格が高くなればなるほど、刃の枚数が増えたり、スムース機能の良さだったり、刃の切れ味などで価格は高くなる傾向があります。

 

カミソリの刃はおおよそ2週間くらいで交換するとよいので、自分が購入するときに躊躇せずに購入できるT字カミソリを選ぶといいでしょう。

 

 

男性におすすめのT字カミソリランキング

 

【第5位 フェザー エフシステムサムライエッジホルダー】

 

〈おススメ点〉

・日本製

・フェザーは、理容業界トップシェア

・3枚刃 (それぞれの刃が独立して動く)

・ヘッドが動く

・替刃のみも販売あり

・Fシステムシリーズの替刃はどれも装着可能。

 

 

第4位【シック ハイドロ5プレミアム パワーセレクト】

 

〈おススメ点〉

・乾電池式で3段階のカスタム振動が可能。

・替刃あり。

・スキンガード付き5枚刃

※スキンガード付きとは刃と刃の間に肌が入ってしまわないようにされている刃のことで、肌を傷つけないようにスムーズに剃れるタイプのもの。

 

・濃密なジェル(ハイドログライドジェル)が肌への摩擦40%軽減

・フィリップ式トリマー

※フィリップ式とはカミソリの上側にある部分を倒すことでコンパクトなヘッドに変えることが可能なタイプのこと。

コンパクトヘッドに変えることで、細かい部分も剃りやすくなります。

 

第3位 【シック 極 KIWAMI】

 

 

〈おススメ点〉

・シックの100年間のノウハウを詰め込んだシック史上最高峰のカミソリ。

・理容家の動きを再現したもので柔らかい剃り心地。

・ロックボタンでヘッドが固定できる。

・重厚感があるデザイン

・替刃あり。

※敏感肌シリーズもあり

 

第2位【ジレット フュージョンプログライド フレックスボールパワー(電動)】

〈おススメ点〉

・極薄5枚刃

・精密に設計されたヘッドと本体をつなぐところにあるフレックスボールが精密に設計されており、

肌にうまく密着できる。

・摩擦軽減モニター付き

・ヘッドの裏側にピンポイントトリマーが付いており、細かい部分にも使えるようになっている。

・替刃あり。

・高潤滑成分配合のヘッド。

 

 

第1位【シック ハイドロ5 つるり肌へ ホルダー本体(刃付き)替刃1コ スキンガード付き5枚刃】

 

 

〈おススメ点〉

・スキンガード付き5枚刃

・フィリップ式トリマー

・ヘッドに濃密ジェル付き

(普通に剃るよりも40パーセント肌への負担を軽減。)

・刃と肌の密着を高めて深剃りをサポートができるタイプ

 

 

 

替刃無しのコスパ最強!使い捨てカミソリおすすめ

替刃が無いカミソリは替刃がない分、1本あたりの値段がお値打ちです。

出張先やジム等で手軽に使えます。

 

【エクストリーム3 プレミアム(3本入り)】

〈おススメ点〉

・幅広の3枚刃

・首振りヘッド

・シアバター、アロエ&ビタミンE配合のスムーザー

 

まとめ

今回は2022年度上半期で人気があるT字カミソリをランキング形式でご紹介しました。T字カミソリを選ぶときには、自分に合ったT字カミソリを選ぶことが大切です。

 

なぜなら、毎日使用する方が多いので、なるべく肌に負担がかからないものを選んだほうが肌に優しく、肌荒れしにくいからです。ぜひ、今回のT字カミソリランキングを参考にして自分にピッタリのものを見つけてみてください。

 

コラム一覧へ