Beauty Bank

BBコラム

夏までにワキの黒ずみ、どうにかしたい!!

ワキの黒ずみを改善する方法はあります。ワキの黒ずみはいくつかの原因が重なって黒くなっていることが多いのです。まずは黒ずんでしまった原因を知って、自分のワキのお手入れについて一度考えてみましょう。

 

今回のコラムでは、ワキの黒ずみについての原因と改善法をご紹介していきます。思いっきり夏のファッションを楽しむためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なぜワキに黒ずみができたのか原因を知っておこう

ワキの黒ずみは多くの原因が重なり合ってできてしまった場合が多いです。まずは黒くなってしまった原因をひとつひとつ見てみましょう。

 

 

紫外線による黒ずみ

ワキも日焼けします。そのため、紫外線によってワキが黒くなっているかもしれません。紫外線を浴びると、身体を守るための反応でメラニン色素が生成され肌が黒くなります。それが繰り返されるとそのまま色素沈着となり、ワキが黒ずんでしまうのです。

 

ターンオーバーの乱れからくる黒ずみ

ワキは汗をかきやすいところなので、皮脂がたくさん出て毛穴が詰まりやすくなります。

その際、肌のターンオーバーがうまくいっていないと、古い角質が溜まり、そのまま角質が酸化して黒ずみへとなってしまうのです。

 

自己処理のやりすぎ。もしくは伸びてきた毛を放置したことによる黒ずみ。

カミソリや毛抜きによる自己処理のし過ぎはよくありません。カミソリでの自己処理はカミソリの刃によって皮膚を傷つけることにもなります。皮膚を傷つけてしまうとそれが肌荒れにもつながり、色素沈着になってしまうおそれがあるのです。

 

また毛抜きであっても毛穴を広げてしまい、そこからバイ菌が入ってしまうこともあります。そうすると毛穴に炎症が起きてしまう場合もあるので、毛抜きはおススメできません。このようなことから、自己処理のし過ぎは注意が必要でしょう。

 

とはいえ、反対に伸びてきた毛をそのまま放置するのもあまり良くないのです。それは、伸びてきた毛が今度は肌を傷つけてしまうということがあるからです。

 

したがって、自己処理のし過ぎも良くないし、毛を放置するのもあまりよくない。ということになります。ゆえに程よく自己処理をするのが良いということが言えるでしょう。

 

衣類と肌の摩擦による黒ずみ

衣類と肌の摩擦でも黒ずみが起きてしまいます。サイズが合っていない衣類や下着を身に着けていると、動いたときに肌と衣類や下着が擦れたり、圧迫されたりしてその部分が傷つき、色素沈着を起こしてしまうことがあるからです。

 

また、その状態で汗をかいてしまうと肌荒れもしやすくなり、角質が詰まってしまい余計に黒ずんでしまう場合があるのです。衣類や下着は締め付けのないものにして、通気性のいい素材のものを身につけておくのがおススメです。

 

肌荒れによる黒ずみ

ワキは汗をかきやすく、毛穴に皮脂汚れが詰まりやすい場所です。そのため、毛穴がつまりニキビができることやあります。ですから、ワキも清潔を保っておくことが大事です。ですが、制汗剤やデオドラントシートなどを使いすぎるのもよくありません。

 

それは、逆にワキに制汗剤やデオドラントシートに含まれている成分がワキの毛穴に詰まってしまい、肌荒れを引き起こしてしまうおそれがあるからです。

 

制汗剤やデオドラントシートはほどほどに使用して、ワキが肌荒れしないためように、ボディソープをしっかりと泡立てて優しく洗うのが一番よいでしょう。

 

もし、どうしても角質が気になる場合は、気になったときのみピーリングケアをするのがおススメです。

 

改善できる方法

ワキの黒ずみを一気に消すことはできませんが、徐々に薄くしていくということはできます。

 

上記で述べた黒ずみの原因となるものに注意をして、ワキに正しいケアをおこなうことで黒ずみをなくすことができるでしょう。ワキの正しいケア方法は次のとおりです。

 

ワキも保湿する。

ワキも保湿が必要です。顔に保湿するのと同じで、ワキも保湿を忘れずにおこないましょう。入浴の際は、日焼け止めのために塗った日焼け止めクリームもきちんと取り除くようにし、しっかりと泡立てた泡で優しく洗います。そして入浴後は、しっかりと保湿をするようにしておくことが大切です。入浴で奪われた水分をきちんと補っておきましょう。

 

ただし、ワキは汗をかきやすい部位でもあるので油分が少ないさっぱりとしたものにするのがよいです。

 

どの商品がワキの保湿にいいのか困ったら、ワキの黒ずみ専用ローションやクリームを使ってみると間違いないでしょう。

 

肌の代謝を促す。

できるだけ肌のターンオーバーがうまくいくように、肌の代謝をよくしておきましょう。また、加齢で肌の代謝が下がってしまうこともあります。

 

ですから気をつけられることとして、上記でご説明した保湿以外にも睡眠に気をつけたり、栄養面にも気をつけたりするようにしておきましょう。

 

すると肌のターンオーバーが正常に働き、キレイな肌が作られていくのです。

 

 

自己処理回数を減らす。

自己処理回数をできるだけ減らすようにしておきましょう。それには、脱毛をするのがおススメです。

 

脱毛をすることでムダ毛が少なくなるため、自動的に自己処理をする回数が減ってくるからです。そうすることで肌への負担が減るので、ワキへの黒ずみが減っていきますよ。

 

まとめ

今回は、ワキの黒ずみについての原因と改善法をお話ししてきました。ワキの黒ずみとなる原因は、自己処理のし過ぎや紫外線、摩擦やターンオーバーがうまくいっていないなどがありました。

 

もし、自分に心当たりがあるようなことがあれば、その点を改善してみるとよいでしょう。またワキの黒ずみをなくすためには脱毛をして、ワキの自己処理回数を減らすようにしていくと効果的です。

 

自己処理回数を減らすことで肌への負担が減り、色素沈着や肌荒れを防ぐことができるので、その結果、黒ずみができにくい肌へと繋がっていくのです。日々の努力でワキの黒ずみを無くしていけるので、コツコツと自分の肌を整えていきましょう。

 

※効果の感じ方には個人差があります。

※この記事は効果・効能を保証する内容ではございません。

 

コラム一覧へ